伝統文化講座

後藤真起子先生追悼文

皆様へ

2021年1月16日、恵光センター筝曲コース担当の後藤真起子先生が、オランダのご居所でお亡くなりになりました。

突然の訃報に接した当初は、コース参加者および職員一同、悲しみという感情を奪い取られて、ただただ茫然自失としておりました。ですが、しばらく経て振り返って見れば、私達にとって意味ある存在を失ったという、悔やんでも悔やみきれない思いが湧き起ってきます。

後藤先生は、1992年オランダで本格的な演奏活動を始められました。当惠光センターでは1994年のコース設立当初から26年という長きにわたって、ドイツの興味ある人に対して筝の紹介や演奏指導にご尽力されました。

あるいはまた、次のような次世代に合わせた活動もなさっていました。それぞれに異なった文化に育った子供同士が楽器を介して親しく触れ合い、新たな文化の局面を切り開くことを願って設立された沢井ユニバーサル子供文化交流会は、後藤先生のご功績の一つです。

後藤真起子先生の生き方と一つになっている箏曲演奏の原点には、西洋楽器とのコラボレーション等に見られるように、開拓者精神あふれる積極性がありました。またお人柄は、人情味に溢れ、真摯で、びっくりするほど飾らない、気さくなお方でした。

後藤先生の生きざまは、後に続くわれわれにとっての指針でした。今にして思えば、どれだけ多くのものを後藤先生からお伝えいただいたか計り知れません 。
先生のみ教えは、尊い教訓として、私どもの胸裡に深く刻まれています 。

お別れするに当って、後藤先生ご存命中のご功績を讃え、その深重の御恩を謝しつつ、職員一同、謹んで哀悼の意を表したく存じます。

伝統文化講座

  • 書道

    kurs shodo s

    [春期コース] 2021年4月14日~6月30日、受講料:180€+材料費(12回分)

    時間:毎週水曜日|15時~16時30分、16時30分~18時、18時~19時30分

    場所:セミナールーム
    講師:和田理恵

    惠光センター内での新型コロナウィルス感染拡大防止措置の規制については、最新情報もご覧ください。

  • ワークショップ『地歌三味線』

    workshop shamisen

    2021年2月28日(日)中止となりました。
    2021年4月25日(日)

    グループA 13時30分~15時
    グループB 15時~16時30分

    場所:惠光ホール
    参加者:1グループにつき4名まで
    参加費:30ユーロ
    指導:シュミット智子、トビアス・ビネン
    言語:日本語、ドイツ語

    楽器は授業中お貸しいたします。ご自身のをお持ちの方は是非お持ち下さい。

    惠光センター内での新型コロナウィルス感染拡大防止措置の規制については、最新情報もご覧ください。

  • ワークショップ『墨絵~水彩画法』

    hp sumie2

    [3月] 2021年3月27日(土)~28日(日)初心者向け 申込み受付開始:2月20日より 中止になりました。
    [4月] 2021年4月24日(土)~25日(日)申込み受付開始:3月16日より
    [6月] 2021年6月26日(土)~27日(日)申込み受付開始:5月19日より

    時間:<土>13時~16時15分、<日>10時~16時
    場所:セミナールーム
    参加者:限定。それぞれの申込み受付開始期日にご注意ください。
    参加費:125€+材料費55€
    指導:マルゴット・オレニチャック

    惠光センター内での新型コロナウィルス感染拡大防止措置の規制については、最新情報もご覧ください。

イベント・プログラム