日本家屋

惠光

正面玄関に接続した書院造の日本家屋は、東京都下からそっくり移築されたものです。和室の床に敷かれている畳は、ほぼひとりの人間が横になれる大きさが基準で、この畳の寸法の人間的な比例が単位として、建物の全域に行き渡り、それに独自の統一性を付与しています。

和室和室を構成する障子や襖も、畳のサイズにそろえられ、梁や天井などにも反映されています。スライド式に開閉できる障子や襖は、場合によっては取り外すこともでき、それぞれの部屋と廊下、また庭との関係に、独特のひろがりが生まれます。畳や床の間は、ヨーロッパの敷物や家具のように、あとから部屋に備えられるものではなく、はじめからそれぞれの部屋に備え付けられていることが大きな特徴です。日本家屋では、構造と装飾はけっして別々に存在するのではなく、相伴う関係になっています。建築の際にも、空箱のような空間ができて、それをあとから埋めるというのではなく、部屋は最初から「満たされた空間」なのです。床脇に接して文房具類を置く低い棚を一般に書院と言いますが、外側に一段張り出したものを付書院と言います。付書院は、書斎に造り付けられた机である出文机から発展したもので、書見や執筆のためのものでしたが、文房具類を置く棚として座敷飾り化しました。そして、床・違い棚・書院の備わった座敷も「書院」とよばれるようになり、さらには、このような座敷のある建物も書院の名で総称されるようになりました。

日本家屋

日本家屋の一部が茶事専用の施設である茶室になっています。茶室は、簡素な雰囲気をかもし出さなければなりません。茶を味わうものの出会いにおいては、日常の社会で通用している境界や壁はとり払われます。それは過去と未来についての心配や苦難が一時その重みを失い、今ここにあるもの、たとえば掛け軸や茶碗や花についての親しみ深い会話が交わされる瞬間です。客が露地と呼ばれる庭から茶室に入る際の入口が「躙口(にじりぐち)」です。躙口は高さも幅も二尺(約60cm)余りの小さな口で、客は踏石の上にかがみ、敷居に手をつかえ一礼して茶室に躙り入るのです。四畳半の狭い茶室も、躙口を隔てると大きな空間に見えます。茶室には、茶事用に一尺四寸(約42cm)四方の炉が切られています。茶事準備をする水屋には、すのこをひいた流しの上に棚をしつらえた水屋棚が設けられ、必要な諸道具を並べることができます。

日本家屋に面した小庭園には、曲玉の形の小さな池を囲んで日本の潅木が植え込まれ、春には、色とりどりの花が咲きほこって、心をなぐさめてくれます。西洋の庭園の左右対称の幾何学式の特徴は、日本の庭園には見られません。日本の庭園造形は、周囲の自然風景の中から、池、滝、川、丘などの特徴ある部分を選び出して再現・構成したものなのです。

惠光センターについて

  • 惠光センターについて
    • 仏教について

      日本文化の歴史における仏教の役割はきわめて大きく、仏教のさまざまな宗派とその教義が、日本文化の多様性に本質的な貢献を果たしています。

    • 出版・刊行物

      『仏教聖典』の翻訳・刊行は44ヵ国語、世界63ヵ国ののホテル・病院等に寄贈させていただいております。 英語・日本語・フランス語・ポルトガル語・スペイン語・インドネシア語・ネパール語・ドイツ語・イタリア語・韓国語・...

    • 図書館

      「惠光」センターは故沼田恵範氏の発願により設立され、仏教精神を基本とした日本文化の紹介、東西の文化交流・相互理解の支援を課題としています。建設当初以来の予定であった付設図書館は2001年7月に開館されました。

    • 惠光センターとは

      設立までの流れ・目的 「惠光」日本文化センターは1988年、財団法人仏教伝道協会、および株式会社ミツトヨの創始者 故沼田惠範氏により、 日本の仏教儀式ならびに仏教文化の紹介を通じ、東洋思想による共存共生の「仏教の心」を理解していただくことを願って、...

    • 惠光寺

      惠光という寺号は、知恵と慈悲に満ちた仏の無量光を意味しています。 惠光寺では、浄土真宗の僧籍をもつ常駐の僧侶二人が、法要、初参式、結婚式等の仏事を執り行っております。どんな宗派の方でもお参りできるよう阿弥陀堂、釈迦堂の両堂を備えています。

    • 惠光幼稚園

      惠光幼稚園は総園児数60名の日独幼稚園です。3クラスあり、1クラスに日本人枠、ドイツ人枠各10名ずつ、計20名の園児が在籍しています。

    • 施設見学ツアー

      グループ案内については施設見学ツアー(ドイツ語英語のみ)をご覧下さい。 日本家屋 日本庭園 惠光寺 $(document).ready(function () { $('#shape1').mapster({ singleSelect :...

    • 日本家屋

      正面玄関に接続した書院造の日本家屋は、東京都下からそっくり移築されたものです。和室の床に敷かれている畳は、ほぼひとりの人間が横になれる大きさが基準で、この畳の寸法の人間的な比例が単位として、建物の全域に行き渡り、それに独自の統一性を付与しています。...

    • 日本庭園

      山門は、1995年に津村重舎氏によって寄贈され、阿弥陀仏が医王であったことにちなんで「医王門」と名づけられました。山門をくぐると、左手には参拝者が身を清める水屋があり、浄土庭園が広がっています。