日本庭園

Der japanische Garten

山門は、1995年に津村重舎氏によって寄贈され、阿弥陀仏が医王であったことにちなんで「医王門」と名づけられました。山門をくぐると、左手には参拝者が身を清める水屋があり、浄土庭園が広がっています。

平安時代後期、貴族の間には浄土教が広まり、現世に極楽浄土を表現する庭園(浄土庭園)が生まれ、庭園と宗教が深い結びつきを示しました。初めから浄土庭園を備えた寺院を建立することもあったが、 貴族が自分の別荘を寺院として寄進することも盛んでした。このため浄土庭園の基本的な骨格は寝殿造庭園と共通し、殿堂の南に橋の架かった池(南池)が広がり、池には島(中島)が、池の傍らや背後に樹木を茂らせた小高い土の山(築山)や大きな岩石を組み合わせた石組みがあり、池に向かっては清流(遣水)が流れ込み、建物の周囲や遣水の流れに沿って樹木・草花(前栽)が植えられます。

Der japanische Garten

惠光センターの庭園では、石庭の趣も取り入れられ、 遣水や池などの水辺の一部は石によってあらわされています。山門の正面に位置する太子堂には、2002年に長岡和慶氏によって寄贈された聖徳太子孝養像が祀られています。これは、日本に仏教興隆の礎を築いた聖徳太子が 父君・用明天皇の病気平癒を祈願した姿で、袍を着、その上に袈裟をつけ、右手に笏、左手に柄香炉を携えていることから真俗二諦像とも呼ばれ、在家仏教の道を開いた太子の尊像として篤く敬われています。

センターの建造物のなかで特に目を引くのは、やはり本堂でしょう。この本堂は、宇都宮にある惠光寺に倣って、日本の浄土真宗寺院のほとんどの本堂と同様に伝統的様式を示しています。 本堂横の鐘楼では、大晦日の晩、参拝者たちによって除夜の鐘が百八つならされます。本堂西側には「倶会一処」と書かれた石碑がたつ半地下の納骨堂があります。

惠光センターについて

  • 惠光センターについて
    • 仏教について

      日本文化の歴史における仏教の役割はきわめて大きく、仏教のさまざまな宗派とその教義が、日本文化の多様性に本質的な貢献を果たしています。

    • 出版・刊行物

      『仏教聖典』の翻訳・刊行は44ヵ国語、世界63ヵ国ののホテル・病院等に寄贈させていただいております。 英語・日本語・フランス語・ポルトガル語・スペイン語・インドネシア語・ネパール語・ドイツ語・イタリア語・韓国語・...

    • 図書館

      「惠光」センターは故沼田恵範氏の発願により設立され、仏教精神を基本とした日本文化の紹介、東西の文化交流・相互理解の支援を課題としています。建設当初以来の予定であった付設図書館は2001年7月に開館されました。

    • 惠光センターとは

      設立までの流れ・目的 「惠光」日本文化センターは1988年、財団法人仏教伝道協会、および株式会社ミツトヨの創始者 故沼田惠範氏により、 日本の仏教儀式ならびに仏教文化の紹介を通じ、東洋思想による共存共生の「仏教の心」を理解していただくことを願って、...

    • 惠光寺

      惠光という寺号は、知恵と慈悲に満ちた仏の無量光を意味しています。 惠光寺では、浄土真宗の僧籍をもつ常駐の僧侶二人が、法要、初参式、結婚式等の仏事を執り行っております。どんな宗派の方でもお参りできるよう阿弥陀堂、釈迦堂の両堂を備えています。

    • 惠光幼稚園

      惠光幼稚園は総園児数60名の日独幼稚園です。3クラスあり、1クラスに日本人枠、ドイツ人枠各10名ずつ、計20名の園児が在籍しています。

    • 施設見学ツアー

      グループ案内については施設見学ツアー(ドイツ語英語のみ)をご覧下さい。 日本家屋 日本庭園 惠光寺 $(document).ready(function () { $('#shape1').mapster({ singleSelect : true,...

    • 日本家屋

      正面玄関に接続した書院造の日本家屋は、東京都下からそっくり移築されたものです。和室の床に敷かれている畳は、ほぼひとりの人間が横になれる大きさが基準で、この畳の寸法の人間的な比例が単位として、建物の全域に行き渡り、それに独自の統一性を付与しています。...

    • 日本庭園

      山門は、1995年に津村重舎氏によって寄贈され、阿弥陀仏が医王であったことにちなんで「医王門」と名づけられました。山門をくぐると、左手には参拝者が身を清める水屋があり、浄土庭園が広がっています。