惠光寺

惠光寺

惠光という寺号は、知恵と慈悲に満ちた仏の無量光を意味しています。

惠光寺では、浄土真宗の僧籍をもつ常駐の僧侶二人が、法要、初参式、結婚式等の仏事を執り行っております。どんな宗派の方でもお参りできるよう阿弥陀堂、釈迦堂の両堂を備えています。

阿弥陀堂

内陣の中央には、浄土真宗のご本尊である阿弥陀如来の木造立像が安置されています。向かって右の脇壇には、13世紀に日本の浄土教に決定的な形を与え、浄土真宗の宗祖となった親鸞聖人(1173-1262)の絵像が 掛けられています。左の脇壇は、15世紀に第8代門主として、浄土真宗を大きく発展させた蓮如上人(1415-1499)の絵像です。右側の余間の床の間には聖徳太子(552-621)、左側余間には浄土真宗の七祖の掛け軸があり、 七祖とは、インドの二人の菩薩、龍樹(西暦200年ころ)・天親(5世紀)、三人の中国の祖師、曇鸞(476-542)・道綽(562-645)・善導(613-681)、そして源信(942-1017)、法然(1133-1212)の二人の日本の高僧です。 法然は親鸞に念仏の道を説いた師です。中央の上方に掲げられた「惠光」という寺号を記した額は、知恵と慈愛に満ちた仏の無量光を意味しています。仏壇を前にして、まず私たちの目に迫ってくるのは、その溢れるばかりの黄金色です。こうした彩色は、中国や朝鮮の伝統的な宮殿建築に由来するが、この仏壇全体は西方浄土そのものを再現しようとするもので、ここに満ちる黄金の光は、衆生を救おうと歩みよる阿弥陀仏から輝き出る無量の光です。

EKŌ-Tempel

金地濃彩の左右の襖には、 阿弥陀仏の西方浄土が描かれています。襖絵は、屏風と並んで場の荘厳の中心をなしています。この金箔と濃彩の色感が濃密な空間を形成する15世紀の狩野派による豪華な画風は、その後の日本絵画に大きな影響を与えました。この襖絵も、背景の黄金色の効果によって容易には統一がとれないような色彩のコントラストがバランスのとれた調和、安定へともたらされ、奥行きを抑えた中に、岩石や竹の茂み、なだらかな野や川が空間を凝縮させ、 孔雀や牡丹の花が見る者の方に迫り来るような印象を与えています。阿弥陀如来が、その絵を見る者へとまさに「来迎」するのです。阿弥陀堂の地下には、日本のほかの伝統的宗派が儀式や修行を実践できる講堂があり、ここの仏壇は、釈迦如来、大日如来の絵像などが掲げられる可変式のものになっています。この講堂ではまた、様々な文化的イベントが催されます。

EKŌ-Tempel

釈迦堂(惠光ホール)

ここには、釈迦如来、大日如来の影像などが掲げられる可変式仏壇があります。この講堂では、臨済・曹洞禅による週末座禅会を年に2回行っています。日本からの講師が指導にあたります。

倶会堂(納骨堂)

倶会堂は2002年9月に建立され、納骨ができるようになっております。 墓石には、倶会一処(くえいっしょ)の文字が刻まれており、ともに一つのところに会う、という意味です。『仏説阿弥陀経』現代語版にはその説明について、次のようにあります。「舎利弗よ、このようなありさまを聞いたなら、ぜひともその国に生まれたいと願うがよい。そのわけは、これらのすぐれた聖者達と、ともに同じところに集うことができるからである」 倶会堂に納骨を希望される方は倶会堂納骨規定をお求めください。

仏前結婚式について

人生における新しい門出を如来のご尊前において、誓い合う儀式です。仏式の特徴としては、記念念珠の交換や背景音楽に雅楽の使用などがあります。

仏教・仏前結婚式に関する、日本語でのお問い合わせはこちらへ:
江田智昭
Tel: 0211-577918-213(内線)
E-Mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

惠光センターについて

  • 惠光センターについて
    • 仏教について

      日本文化の歴史における仏教の役割はきわめて大きく、仏教のさまざまな宗派とその教義が、日本文化の多様性に本質的な貢献を果たしています。

    • 出版・刊行物

      『仏教聖典』の翻訳・刊行は44ヵ国語、世界63ヵ国ののホテル・病院等に寄贈させていただいております。 英語・日本語・フランス語・ポルトガル語・スペイン語・インドネシア語・ネパール語・ドイツ語・イタリア語・韓国語・...

    • 図書館

      「惠光」センターは故沼田恵範氏の発願により設立され、仏教精神を基本とした日本文化の紹介、東西の文化交流・相互理解の支援を課題としています。建設当初以来の予定であった付設図書館は2001年7月に開館されました。

    • 惠光センターとは

      設立までの流れ・目的 「惠光」日本文化センターは1988年、財団法人仏教伝道協会、および株式会社ミツトヨの創始者 故沼田惠範氏により、 日本の仏教儀式ならびに仏教文化の紹介を通じ、東洋思想による共存共生の「仏教の心」を理解していただくことを願って、...

    • 惠光寺

      惠光という寺号は、知恵と慈悲に満ちた仏の無量光を意味しています。 惠光寺では、浄土真宗の僧籍をもつ常駐の僧侶二人が、法要、初参式、結婚式等の仏事を執り行っております。どんな宗派の方でもお参りできるよう阿弥陀堂、釈迦堂の両堂を備えています。

    • 惠光幼稚園

      惠光幼稚園は総園児数60名の日独幼稚園です。3クラスあり、1クラスに日本人枠、ドイツ人枠各10名ずつ、計20名の園児が在籍しています。

    • 施設見学ツアー

      グループ案内については施設見学ツアー(ドイツ語英語のみ)をご覧下さい。 日本家屋 日本庭園 惠光寺 $(document).ready(function () { $('#shape1').mapster({ singleSelect : true,...

    • 日本家屋

      正面玄関に接続した書院造の日本家屋は、東京都下からそっくり移築されたものです。和室の床に敷かれている畳は、ほぼひとりの人間が横になれる大きさが基準で、この畳の寸法の人間的な比例が単位として、建物の全域に行き渡り、それに独自の統一性を付与しています。...

    • 日本庭園

      山門は、1995年に津村重舎氏によって寄贈され、阿弥陀仏が医王であったことにちなんで「医王門」と名づけられました。山門をくぐると、左手には参拝者が身を清める水屋があり、浄土庭園が広がっています。