仏教について

惠光

日本文化の歴史における仏教の役割はきわめて大きく、仏教のさまざまな宗派とその教義が、日本文化の多様性に本質的な貢献を果たしています。

仏教日本における仏教の歴史には、奈良仏教、平安仏教(9-11世紀、最澄、空海)、鎌倉仏教(12-13世紀、親鸞、道元、日蓮など)という大きな山並みがあります。奈良仏教が壮麗な寺院建築と仏像の芸術を残し、平安仏教は深い仏教思想を展開し、香り高い文学・詩歌の世界を生み、これらを受けた鎌倉仏教は浄土信仰、禅、日蓮宗という形で、仏教をはじめて民衆のあいだにも根付かせ、現在にまで躍動する活力を培ったといえます。

このうちヨーロッパでは禅宗が一番よく知られているが、日本では浄土真宗をはじめとする浄土系の宗派が、最も広く親しまれた宗教です。この教えにおける礼拝、帰依の中心は阿弥陀仏であり、この仏の救いを信じて念仏することが、唯一真実の行とされています。

歴史的な仏陀、釈迦牟尼仏(紀元前5世紀ころ)の教えは、私たち人間が厳しい修行によって段階的に自己執着を離れ、苦しみを生む欲望から自由になり、悟りを得て仏と同じ涅槃の境地に至るべきことを説いています。中国から日本に伝わり広まった大乗仏教にとっては、この人間解放の道程で、菩薩という仲介者の役割が重要になってきます。菩薩とは、すでに最高の悟りに至りながらも、ひとり涅槃に安らおうとはせず、他の一切衆生の救いのために、無限に働くことを誓った方のことです。

仏教浄土真宗の基本経典『浄土三部経』には、久遠の昔、阿弥陀仏がまだ法蔵菩薩であったころ弘大な願を立て、すべての衆生を自らの仏土に救い取ることができるまで、仏にはならない、と誓ったことが述べられています。「人がもし、私の誓願を信じてわが名を念ずれば、一人残らず浄土に往生できるように」と、菩薩は誓います。この法蔵菩薩が、今はすでに阿弥陀仏として西方浄土にいるので、衆生済度の筋道はすでに完成され、そして私たちは、この阿弥陀仏の願力に乗じて、間違いなく救われるのだと、信じることができます。

阿弥陀如来の誓願を信じ、「南無阿弥陀仏」と唱えるとき、その念仏は救いを求める叫びであるよりも、すでに仏の腕に抱かれている感謝の声になります。念仏を通して私たちは、現実の世界から逃避するのではなく、むしろそこにしっかりと根を張り、日々新たな勇気と感謝と慈しみの心をもって生きることができるのです。

惠光センターについて

  • 惠光センターについて
    • 仏教について

      日本文化の歴史における仏教の役割はきわめて大きく、仏教のさまざまな宗派とその教義が、日本文化の多様性に本質的な貢献を果たしています。

    • 出版・刊行物

      『仏教聖典』の翻訳・刊行は44ヵ国語、世界63ヵ国ののホテル・病院等に寄贈させていただいております。 英語・日本語・フランス語・ポルトガル語・スペイン語・インドネシア語・ネパール語・ドイツ語・イタリア語・韓国語・...

    • 図書館

      「惠光」センターは故沼田恵範氏の発願により設立され、仏教精神を基本とした日本文化の紹介、東西の文化交流・相互理解の支援を課題としています。建設当初以来の予定であった付設図書館は2001年7月に開館されました。

    • 惠光センターとは

      設立までの流れ・目的 「惠光」日本文化センターは1988年、財団法人仏教伝道協会、および株式会社ミツトヨの創始者 故沼田惠範氏により、 日本の仏教儀式ならびに仏教文化の紹介を通じ、東洋思想による共存共生の「仏教の心」を理解していただくことを願って、...

    • 惠光寺

      惠光という寺号は、知恵と慈悲に満ちた仏の無量光を意味しています。 惠光寺では、浄土真宗の僧籍をもつ常駐の僧侶二人が、法要、初参式、結婚式等の仏事を執り行っております。どんな宗派の方でもお参りできるよう阿弥陀堂、釈迦堂の両堂を備えています。

    • 惠光幼稚園

      惠光幼稚園は総園児数60名の日独幼稚園です。3クラスあり、1クラスに日本人枠、ドイツ人枠各10名ずつ、計20名の園児が在籍しています。

    • 施設見学ツアー

      グループ案内については施設見学ツアー(ドイツ語英語のみ)をご覧下さい。 日本家屋 日本庭園 惠光寺 $(document).ready(function () { $('#shape1').mapster({ singleSelect : true,...

    • 日本家屋

      正面玄関に接続した書院造の日本家屋は、東京都下からそっくり移築されたものです。和室の床に敷かれている畳は、ほぼひとりの人間が横になれる大きさが基準で、この畳の寸法の人間的な比例が単位として、建物の全域に行き渡り、それに独自の統一性を付与しています。...

    • 日本庭園

      山門は、1995年に津村重舎氏によって寄贈され、阿弥陀仏が医王であったことにちなんで「医王門」と名づけられました。山門をくぐると、左手には参拝者が身を清める水屋があり、浄土庭園が広がっています。