惠光センターとは

惠光の桜

設立までの流れ・目的

恵光「惠光」日本文化センターは1988年、財団法人仏教伝道協会、および株式会社ミツトヨの創始者 故沼田惠範氏により、 日本の仏教儀式ならびに仏教文化の紹介を通じ、東洋思想による共存共生の「仏教の心」を理解していただくことを願って、 発心されました。

ヨーロッパでは様々なものが二元論的な対立関係において捉えられますが、アジアでは、一元論的に捉えられ、 異質なものの相互の連帯・共生という考え方が発展してきました。それは大乗仏教の教えにも明瞭であり、 自己に対する他者としての、あらゆる生きもの、さらには草や樹木、または石や土にいたるまで生命を発見し、 それが人間の生命と通底し、連帯していることを語り、そこに私達の生命が生かされていることを教えています。 すべての事柄が相依り、支え合って成り立っているという仏教の縁起の教えは、今日の環境破壊・武力紛争・人権問題など、 私たちの生き方、命の根本を問われるような問題を見つめなおす視点を与えてくれます。

惠光センターは、仏教から生まれた日本の伝統文化の実践や紹介を行い、また日本的生活様式の公開等を通じ、 東洋思想の根幹である「仏教」を広め、文化交流を通して平和なる人類社会の実現に資し、相互向上のための機縁を 提供することを目的としています。 建立にあたっては、日本国内の財界や各界の代表者、各宗派と全国の寺院からのご協力を仰ぎつつ、 募財活動が展開され、国内外から6000件を超える多くのご賛同をいただきました。 当センターの活動が、日本文化とヨーロッパ文化の交流に寄与し、多彩な関係が豊かに築かれていくことを願っています。

主な活動領域

  • 仏教聖典各国語訳
  • 仏教聖典の普及
  • 大蔵経の各国語訳とその普及
  • 主要大学に仏教講座の開設
  • 留学生の育成(恵光奨学生・大谷奨学生)
  • 幼少年教育(独日幼稚園)
  • 歎異抄講座
  • 東洋文化研究所の開設
  • 法要・儀式その他
  • 各行学の紹介と学習
  • 東西音楽の交流・コンサート
  • 各種仏教文化の紹介
  • 各種文化教室の開催(日本舞踊・筝曲・華道・茶道・書道)
  • 各種講演会
  • 各種研究会

惠光センターについて

  • 惠光センターについて
    • 仏教について

      日本文化の歴史における仏教の役割はきわめて大きく、仏教のさまざまな宗派とその教義が、日本文化の多様性に本質的な貢献を果たしています。

    • 出版・刊行物

      『仏教聖典』の翻訳・刊行は44ヵ国語、世界63ヵ国ののホテル・病院等に寄贈させていただいております。 英語・日本語・フランス語・ポルトガル語・スペイン語・インドネシア語・ネパール語・ドイツ語・イタリア語・韓国語・...

    • 図書館

      「惠光」センターは故沼田恵範氏の発願により設立され、仏教精神を基本とした日本文化の紹介、東西の文化交流・相互理解の支援を課題としています。建設当初以来の予定であった付設図書館は2001年7月に開館されました。

    • 惠光センターとは

      設立までの流れ・目的 「惠光」日本文化センターは1988年、財団法人仏教伝道協会、および株式会社ミツトヨの創始者 故沼田惠範氏により、 日本の仏教儀式ならびに仏教文化の紹介を通じ、東洋思想による共存共生の「仏教の心」を理解していただくことを願って、...

    • 惠光寺

      惠光という寺号は、知恵と慈悲に満ちた仏の無量光を意味しています。 惠光寺では、浄土真宗の僧籍をもつ常駐の僧侶二人が、法要、初参式、結婚式等の仏事を執り行っております。どんな宗派の方でもお参りできるよう阿弥陀堂、釈迦堂の両堂を備えています。

    • 惠光幼稚園

      惠光幼稚園は総園児数60名の日独幼稚園です。3クラスあり、1クラスに日本人枠、ドイツ人枠各10名ずつ、計20名の園児が在籍しています。

    • 施設見学ツアー

      グループ案内については施設見学ツアー(ドイツ語英語のみ)をご覧下さい。 日本家屋 日本庭園 惠光寺 $(document).ready(function () { $('#shape1').mapster({ singleSelect :...

    • 日本家屋

      正面玄関に接続した書院造の日本家屋は、東京都下からそっくり移築されたものです。和室の床に敷かれている畳は、ほぼひとりの人間が横になれる大きさが基準で、この畳の寸法の人間的な比例が単位として、建物の全域に行き渡り、それに独自の統一性を付与しています。...

    • 日本庭園

      山門は、1995年に津村重舎氏によって寄贈され、阿弥陀仏が医王であったことにちなんで「医王門」と名づけられました。山門をくぐると、左手には参拝者が身を清める水屋があり、浄土庭園が広がっています。